「マチオモイは、ひと想い」をキャッチフレーズに

コラボレーションを続ける「ゆうちょ・マチオモイカレンダー」。

2019年7月/岡山県の絵に妹尾の作品を採用いただきました!

このカレンダーは全国のゆうちょさんにて配布されます。

 

町を通じて自分のオモイと向き合うことで生まれたわたしだけのマチ。

妹尾の生まれ育った岡山県井原市美星町を描きました。

タイトルは「3つの流れ星が落ちたまち」

“美星町は星の郷。3つの流れ星が落ちたという伝説があり、それぞれの地に「星尾(ほしお)神社」「明神神社」「高星(たかほし)神社」が祭られています。高校時代までこの町で育ち、星など当たり前に思っていましたが大阪で働く今、そんなロマンのある話と美星町の星空がいいなと感じています。”

(↑カレンダーの表紙の作品は高知県在住のイラストレーター西山まりこさんの作品)

 

このカレンダーの発行を記念して

11/15(木)—11/17(土)まで、展覧会が開催されます!

会場:クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック大阪

(大阪市北区扇町2-1-7 カンテレ扇町スクエア3F)

時間:10:00—21:30(最終日は19:00まで)

入場無料

 

11/16(金)19:00—20:30開催のトークサロンにて、妹尾も登壇しますので

ぜひ遊びに来てください。

 

※カレンダーは全国のゆうちょ銀行および郵便局の貯金窓口で配布しておりますが、数に限りがございます。各店舗・郵便局の在庫がなくなりしだい、配布を終了いたします。